スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐のいい歌詞「明日の記憶」

明日の記憶 歌手 :嵐 作詞 :平義隆


あの日 君と見ていた 夕焼け永遠にしたくて
記憶の中 手を伸ばして 何度も触れようとするけれど
同じ景色も気持ちも 二度とは取り戻せないから
輝いてた過去の夢を 振り返ってしまうんだろう
まっさらな未来にさえ 悲しみが零れ出して
こころを滲ませるから 誰もが立ち止まり見失ってしまうよ

めぐりめぐる季節の途中で 何色の明日を描きますか?
強く強く信じ合えたなら 何色の未来が待っていますか?

大切な思い出さえ いつかは色褪せてくから
現実から目を逸らして 夢という言葉に逃げた
傷つき壊れた昨日が 過ちだったとしても
手遅れではないから 何度も初めからやり直してゆけばいい


めぐりめぐる時代の途中で 何度 人を好きになれるのだろう?
深く深く支え合えたなら 君のために何ができるのだろう?
重ね合った心の奥に
喜びと悲しみ 温もりと憎しみ
僕らが巡り会い 分かち合った日々は
確かにこの胸に焼きついているから
めぐりめぐる季節の途中で 何色の明日を描きますか?
強く強く信じ合えたなら 何色の未来が待っていますか?

何色の明日を描きますか?
TAG :
歌詞
明日の記憶
考え方
人生
青春
恋愛

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

スポンサード リンク
Topic Path

トップ > スポンサー広告歌詞 > 嵐のいい歌詞「明日の記憶」

おすすめの名言
最新記事
カテゴリ
名言ランキング
ブログランキングに参加しています。
下のリンクから他のマンガや映画サイト、名言、歌詞関連の人気サイトがご覧いただけます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ 人気ブログランキングへ ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
145位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
著作権について
名言・名セリフの著作権はそれを考えた元の人物に帰属します。 当サイトは自己啓発の向上を目的とした、単なる個人のサイトではありますが、もしも著作権法に抵触するようなケース、又は皆様からご指南いただいた場合は、表現の変更や文章の見直し削除など、迅速な対応をして行きたいと存じます。 どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。